DATASALAD

お知らせ

2022年10月の宿泊稼働指数を発表いたしました。

データサラダで収集分析している日次宿泊稼働指数※の10月集計値をプレスリリースいたしました。

2022年10月における全国の宿泊稼働指数は65.1となり、前月の51.6を上回り、2カ月ぶりに上昇しました。10月は新型コロナウイルス感染状況が落ち着いていたことに加えて、11日の全国旅行支援開始により、観光旅行の需要が喚起されたことから、指数は前月から大きく上昇してています。
また前年差は+27.1ptでした。前月より上昇幅は僅かに小さくなったものの、大幅なプラスでの推移が続いています。また過去の10月の指数をみると、2018年は58.6、2019年は54.5となり、今年の10月はコロナ禍前の水準をも上回っています。

プレスリリース資料:
https://www.kerc.or.jp/report/2022/11/119202210.html

※日次宿泊稼働指数は、宿泊予約サイトのデータを収集整理して、日次の空室の水準を九経調独自に数値化したものです。

※宿泊稼働指数の閲覧はログイン後こちらをご覧ください。

11月9日 日本経済新聞に取り上げられました。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC091YS0Z01C22A1000000/

一覧へ戻る