DATASALAD

お知らせ

2022年8月の宿泊稼働指数を発表いたしました。

データサラダで収集分析している日次宿泊稼働指数※の8月集計値をプレスリリースいたしました。

2022年8月における全国の宿泊稼働指数は54.8となり、前月の45.8を上回り、2カ月連続で上昇しました。8月は新型コロナウイルスの感染拡大が続いたものの、政府による行動制限は発令されず、県民割などの宿泊キャンペーンが概ね継続されたことから、過去の感染拡大局面と比較して宿泊需要は落ち込まず、夏休みの観光シーズンと相まって、宿泊稼働指数は前月より上昇しました。また、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の発令があった前年と比較しても、今年の指数はそれを大きく上回っています。

プレスリリース資料:
https://www.kerc.or.jp/report/2022/09/9620228.html

※日次宿泊稼働指数は、宿泊予約サイトのデータを収集整理して、日次の空室の水準を九経調独自に数値化したものです。

※宿泊稼働指数の閲覧はログイン後こちらをご覧ください。

9/6 日本経済新聞に取り上げられました。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC0429S0U2A800C2000000/

9/7 長崎新聞に取り上げられました。

一覧へ戻る