DATASALAD

お知らせ

2021年9月の宿泊稼働指数を発表いたしました。

データサラダで収集分析している日次宿泊稼働指数※の9月集計値をプレスリリースいたしました。

2021年9月における全国の宿泊稼働指数は22.3となり、前月の28.2を下回り、2カ月連続で低下しました。
9月は8月に比べて需要が低下する時期ではありますが、新型コロナウイルス感染拡大の第5波が続くなかで、全体として低調に推移しました。ただし、第5波の新規感染者数は8月下旬にピークアウトし、国の緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が9月12日をもって一部地域で解除、9月30日をもって全面解除となるなど、経済活動も正常化が進んみました。
それを受け、宿泊施設の稼働状況も、9月下旬にかけて緩やかに改善が進んだほか、シルバーウィーク中には一時的な上昇もみられました。

プレスリリース資料:
http://www.kerc.or.jp/report/2021/10/10520219-1.html

※日次宿泊稼働指数は、宿泊予約サイトのデータを収集整理して、日次の空室の水準を九経調独自に数値化したものです。

一覧へ戻る